けんちくの競馬予報@穴狙い隊

どうもけんちくです。主に中央競馬の予想を自分が好きなように予想していきたいと思いまーす!ただの直感型なのでレースの傾向だったり難しく考えずに予想していきます!!主に重賞レースや全レース軸馬予想などをしていきたいと思います。みんなで金持ちになろうぜ!!

ジャパンカップ2018 最終予想

スポンサーリンク

どーもけんちく(@keibaningen)です!

 

f:id:KENCHIKU_KEIBA:20181124224803j:image

 

さぁ11月も締めくくり!

みなさんが楽しみにしていたジャパンカップがやってきましたね!!

 

僕はサトノダイヤモンドジャパンカップに出走することが決まった段階からずーっと楽しみでした!

そして今年の牝馬クラシック三冠馬アーモンドアイ。昨年の覇者シュヴァルグランと豪華メンバー。

果たしてどの馬が勝つのか?

 

それではいってみましょう!

 

◎3枠3番サトノダイヤモンド 牡5 J.モレイラ 57

京都大賞典で得意の京都で完全復活をみせたサトノダイヤモンド 。その後もしっかりと乗り込まれており、ここをメイチに持ってきているはず。前走のように内枠から楽に運べれば十分勝てると思うし鞍上のモレイラ騎手とは確実に手が合う。1番好きな馬というのもふまえての1番手評価だがこのメンバーでも能力は確実に高いはず。

 

◯1枠1番アーモンドアイ 牝3 C.ルメール 53

牝馬クラシック三冠馬オークスでも勝っているのでコース適性もある。なにより斤量ハンデがやはり1番推せるポイントだと思う。上がり決着になるなら確実に勝ち負けの勝負になる。

個人的な不安材料はロードカナロア産駒ということで2400mはオークスでは勝っているものの少し長いような気もする。あとは今年の3歳牝馬は実はそこまでレベルが高くないのかも?という思い込みです笑

 

▲5枠8番キセキ 牡4 川田 57

ジャパンカップの傾向的に天皇賞秋組はこのレースで馬券になる確率が高い。その中でもペースを握りそうなこの馬はやはり気になる1頭。昨年の菊花賞馬なだけに距離適性は確実にある。前走のようなレース運びができれば馬券内は十分ある。あとは天皇賞秋の疲労が残っていなければ。

 

△7枠11番スワーヴリチャード 牡4 M.デムーロ 57

前走の天皇賞秋はスタートの出遅れとマカヒキとの接触が全て。その後もしっかりとレースができていれば戦えた可能性もあったがそれをやめてジャパンカップのために温存を選んだデムーロ騎手。ただ左回りの適性は誰もが知っている通り。東京2400はこの馬の1番いい条件のはず。不安材料としては前走の影響がどのぐらいあるのか。あとは天皇賞秋からの調教が意外と軽い内容ということ。

 

△6枠9番シュヴァルグラン 牡6 C.デムーロ 57

前走は休み明けでいいとこなし。叩き良化型なだけにここでも十分戦える。ただボウマン騎手が乗れないのは結構なマイナス要素になるし6歳というのが少し気になるところ。距離的にも許容範囲ではあるがこの馬のベストパフォーマンスが出せる舞台はもう少し距離がある方なのかなと個人的には思うところ。

 

△7枠12番カプリ 牡4 R.ムーア 57

今年の凱旋門賞5着。ジャパンカップは外国馬がなかなか馬券に絡まないでお馴染みのレースなので買いづらい部分もあるがやはり世界のムーアジョッキー。また斤量も2キロ以上軽くなる分馬にも余裕はありそう。外枠にはなったが能力的にも高いものを感じる。オブライエン厩舎の馬はやはり強い。

 

大穴5枠7番サウンズオブアース 牡7 田辺 57

2年前のジャパンカップでは2着。年齢の衰えは確実にあるものの近走も上がりはしっかりと使えているし展開が向けば馬券内の可能性はある。近走は後方からのレースになりこの馬本来の力を出しきれてはいない印象。調教での動きも上々だしスタートから好位を取れれば好走するかも?

 

以上大穴を含めた7頭でいきたいと思います。

 

おそらく1倍台で1番人気になるであろうアーモンドアイ。

この馬が勝ってやっぱり強かったと言うか。

この馬が飛んで軸にしなくてよかったと言うか。

 

僕は後者で帯狙いです!!

スポンサーリンク